icode WEB SERVICE - 鶴田の部屋

鶴田の部屋ブログ
2019年 8月 広島帰省
公開:
IMG_0001

IMG_9999

2019年
8月のお盆に、恒例の広島帰省です。
そう、盆暮れの親孝行、、。

彼女は、桃子です。
御年17歳、昨年は、連れ添っていた雑種のゆずが高齢の
為、亡くなりましたので、少し寂しいです。

IMG_0004

IMG_0013

昨年は、不覚にも帰省前日に、施工していただいた
良く効くといわれたニンニクお灸と指圧で、腰が立て
ないくらい激痛で、それでも頑張って帰りましたが、
そのままおねんね、、。
ロ〇ソニンSが効くというので、購入!
何とか、そのまま帰省した翌日、無念のリターン!

ということで、今年は万全の体制、体調でお手伝い!
広い敷地の一部ですが、草刈を、、。
兄貴と二人で、2日間3時間づつやりました、、。
まだ、いくらでもありゃんす。
農家の皆さんは、コメ作ってるだけではありゃんせん!
夏の草刈は、そりゃもう重労働であります。

IMG_0015

IMG_0016

墓所は、別の所に先祖代々の物がありますが、これは、
家のすぐ北側の表道の横に立つお墓です。
天正3年8月7日と明記されてます、ご先祖さまの、。
この年は、長篠の戦で、織田、徳川軍が、武田勝頼を
撃破した年で、、。

周りを奇麗に草刈しました、、。

IMG_0028

これは、広島では、当たり前に販売してる”もみのり”です。
四角に切り落とした海苔の切れ端を集めて、販売、、。
これをご飯や、焼そば、焼うどん、酢の物、などなど
掛けて食べます。
美味しい、、。

愛知県などでは、販売してません。
広島では、三國屋さんが有名ですが、あまり多く
出回ってません。
これは、広島のお姉さんが、ちかくのスーパーで見つけた
もので、アタシャ、そのへ行って、オトナ買いしてきました。

今年は、親孝行も無事に済ませ、台風10号が来る前に
豊田に帰りましたが、思いは皆同じで、久々に10時間
掛けて、フラフラになりながら、、。
昔、20代のころは、まだ、大阪までしか高速が無かった
ころは、10時間は当たり前、15時間掛かったことも
ありましたが、、。

ま、無事に帰れただけでもありがたや!
危険運転のお方には、幸運にも会えず(殆ど渋滞だった)、
アタシが危険運転しないよう、気をつけてました。

今回、広島往復,約1,020kmを燃費、約18km/L
で、走行しました。
行きも帰りも、途中での給油はありゃんせん。
行きは、ぶっ飛ばして5時間弱、帰りは、殆ど渋滞を
エアコンつけて、じりじりと、、。
どちらにしても、全行程60L弱で走行しました。
もしもですが、タンクが60Lとか、燃費が20km
以上であれば、プリウス30は、途中給油無しで、。
アタシが、好燃費運転していたら、、、。

これが、電気自動車でしたら、どんな優秀なバッテリー
積んでも、どこかで最低、片道1回は充電を、、。
ましてや、帰りの大渋滞でしたら、どこのSAでも、
充電に並んで待たないと、、。

ということで、マダマダEVの世界は遠いと、、。

先日の中国のハイブリッド容認も含め、最近の偉そうな
自動車ジャーナリストも含め、評論家さん方は、やんわりと
持論の意見を案の定、修正してくるしか、、。

IMG_0033

世間で言われるようにEVシフトを進め、2050年の
85%CO2削減を実現する為には、電力
セクターの脱炭素化が必要ですが、その為に必要と
されてる投資額は、じつに9兆ドル(100兆円)という
途方もない数字。
世界規模のお話とはいえ、2050年までにこれだけの
資金が電力セクターの為に調達出来るというシナリオは
描きようがないそうです。
(丸写し)

ガソリン、ディーゼルエンジンは、まだまだ不変であります。
ま、自動車の概念は、かなり進化、変化するでしょうが、、。
第3次産業革命!?で、どのように世界が変わるのか、、!
多分アタシャ、そのころには、体中、人工物に交換され、
口うるさいサイボーグになってるかも、、。

あ、そうだ、UFOを忘れておった、、。
最近、北米の米軍パイロットたちが、UFOとの遭遇を
暴露して、、。
そろそろ、半重力自動車、またはドローンに反映して、。
陸上を走行する自動車は、どうなるんでしょうね、、!

つづく。
アイコード 2019年8月 お盆休みです。
公開:
IMG_9994



IMG_9995



2019年令和元年8月11〜17日

アイコードは、お盆休みを頂きます。

暑い夏が、連日、連夜つづきますが、皆さま、体調管理は
自己責任でお気をつけください。

アタシも、今夏は、エアコンが治ったので、居間で薄い
スポンジマットとタオルケット、そして夜中じゅう
エアコンオンで、御寝んねしてます。

また、広島に帰省します。
盆のさなか、移動される方は、十分お気をつけください。

つづく。
BMW M2 トラブル
公開:
IMG_9986


BMW M2シングルターボです。

先日、オーナーさんの不注意でデフのフィン(底)を
接触させ破損、修理しようとディラーさんに持ち込みました。

IMG_9985

デフの部品単体では、出ないそうで、本体ごと交換
と相成りました。

IMG_9984

右前後タイヤも角を痛めたので、ディラーさんに、
4輪共、交換を相談しましたら、これなら右前後
だけで良いですよ!と、返答であったので、助言に
従いました。

修理完成して、すぐに、高速を走行しましたら、どうも、
リヤが腰砕けのような走行する!ということで、相談あり。
アイコードに、持ち込んでいただき、原因を調べました。

アライメントは問題無く、デフ交換では、サスの一部を
外す場合もありますが、トーインなど、基準値に収まって
ましたので、まあ、エエか!

目視で検査した限り、デフ本体以外にダメージがあるわけ
でも、ないですし、、。

細かいこと言えば、右FRをタイヤ新品交換したそうで、
左右のタイヤ溝深さを測定しましたら、左前後7mm、
右前後、7,5mmと0,5mmの違いしかないので、
ま、これが影響するとも思えません。
高速走行が、多い方は、全交換をお薦めします。
ニッサンR35、GTRなど、1本何かの理由で交換と
なった場合、全輪交換させられます。
安全の為に、、。

で、最初にタイヤ圧を測定しました。
メカの話では、リヤ左のみ、3kPAで、それ以外は、
2,6kPSでした。

サーキットなど、空気圧をピットインの度に、測定して
ストリートカーでも、400PSくらいの車両のラップ
タイムであれば、0,1とか0,2くらい変更して、
オーバー、アンダーを変化させても、プロでしたら、
フィーリングが変わったことを感じ取ります。

0,4も、左右差があれば、高速道などでは、やはり
違和感は感じ取れるはずなので、今回、空気圧を
再調整し直して、一度走行してくださいと、お返し
しました。
片道60kmくらいの高速道を走行されまして、変化を
お尋ねしました。
そしたら、ふらつきが無くなったそうです。
良かったです!

ということで、タイヤの空気圧は、大変重要であると
いうことを、オーナーさんは、体験されました。
アイコードでも、このような点検ミスが起こるとも
限らないので、今後、ますます、点検、調整は必ず
テスト走行など、行いたいと思います。

人に振り見て、我が振り直せ!

つづく。


トヨタ 30系ヴェルファイア フルコン製作
公開:
IMG_9982

30系ヴェルファイア V6 3,5L用の
ECUチューニング完成しました。

リミッターカット     78,000円

フルコン         98,000円

全て、税別です。

つづく。
ポルシェ996ターボ 2台入れ替え 続き 2
公開:
IMG_9992


996ターボ 2号車です。

IMG_9993

ビオット社製ブレーキローター(2ピース)と
ブラケットを製作しました。
オーナーさん自ら、ビオット社と打ち合わせされましたが、
やはり、問題発生しました。

IMG_9991

まずは、新作したキャリパーのブラケットがナックル
に当たるので、ナックル側を1mm程けずりました。

IMG_9990

2ピースのブレーキローター。
ベルハットといって、アルミ製の紫の部分ですが、
キャリパーとわずかに接触、約2mmのシムを
組みましたが、出来れば無い方が良いので、どうするか、
オーナーさん、メーカーさんと相談します。

つづく。
ポルシェ964カレラ レリーズシリンダー交換
公開:
IMG_9973

964カレラ 5MTです。
クラッチのペタルストロークに違和感あると、オーナー
さん、、。
ということで、一度、クラッチカバーを作動させる
シリンダーを変えてみましょうと、、。

IMG_9974


IMG_9975

これが、レリーズシリンダー(オペレーティング)です。
パスカルの定理(流体静力学)でありまする。

この様な、文明の力が自動車を動かしてるのであります。

もっと、学生時代勉強しておくべきでした、、。
と、大概の方は、思っているでしょう、、。

つづく。



トヨタ ヴェルファイア 20系リミッターカット試作中
公開:
IMG_9968


IMG_9964



ヴェルファイア 20系

ANH20 3,5L V6エンジンです。

30系は、何とかリミッターカットが出来ました。
が、今回、それより旧型の車両で、開発してます。
こうご期待!

つづく。
ポルシェ996ターボ 車検整備で入庫
公開:
IMG_9970


996ターボです。
この車両のオーナーさんも、結構整備につぎ込みました。
今回は、現在絶好調ですが、車検整備で入庫です。
作業は、油脂類の交換を、、。

IMG_9971

リモコンキーが1ケしかなく、尚且つ、並行車なので、
ディーラーに持ちこむのも大変で、困っておりましたが、
この度、名古屋地区は、長久手にポルシェセンター長久手
が、今年、新規オープンしました。
ここは、親会社が名古屋トヨペットグループさんで、
小栗社長さんとは、知り合いであります。

でもって、マネージャーのF氏は、過去に、豊田市内の
レクサス店で、知り合いでした、、。

また、サービスのF氏も知り合いで、並行車でも、エエよ!
と、心安く受けて頂きまして、今回、リモコンキーの
登録など、ディーラーのシステムテスターでないと、出来ない
ので、入庫予約して、作業してもらいます。

中部地区は、岡崎にも、ポルシェセンター岡崎と、今年は
2店も、新規オープンしました。
ので、ポルシェオーナー、そして新規にオーナーさんに
なる方は、サービスも含め、充実すると思います。
ま、200万都市の名古屋に、絶好調のポルシェディーラーが
1店舗しかないということは、やはり、問題が多かったのです。

しかし、年々、真夏の暑さは、激しさを増し、アイコードの
植物たちも日光にまともに当たってると、枯れてしまうくらい
で、木陰に移動してます。
昨年は、やりませんでしたが、今年は、芝生など、鉢植え
以外の工場駐車場の木々にも、水を撒いてます、、。
この暑さ、何時まで続くやら、、。

じっと耐えるしかありゃんせん!

日中、昨日も、豊田市から名古屋市に移動しましたが、
プリウスのエアコンを最大のローにしていても、室内
は、そんなに涼しくなりゃんせんでした。
フロントのコンデンサーが、大気温の40℃近い熱で、
熱交換機能が低下してます。

ま、出来るだけ、日中は静かにするしか方法は、、。
地下に10メーターくらい穴を掘って、涼みたいです!
富士山の頂上なら、現在で0℃くらいか、、。

水分を取りましょう!
アタシャ、ビールと水を交互に、、。

つづく。
ポルシェ964カレラ5MT ヘッドライト不調修理
公開:
IMG_9957


IMG_9963


IMG_9966

964カレラです。
結構お金かけて、レストアされて!ますです。

以前より、RWB一楽さんより、北米から取り寄せた
LEDヘッドライトが、この様に変化しました。
ヘッドライトレンズは、カットの入ったルーフタイプ、
ランズ周りのリングは、オーナーさんが、メッキされ
ました(クローム)。

が、あまり、夜間は走行してなかったのですが、最近、
ハイビームの左側が点灯しないことに気が付き、システム
ではないかと、一楽さんにお願いして、北米から交換品を
取り寄せて頂きました。
それでも、点灯しないので、ライト裏側の配線を調べて
いたら、どうも、電気が来てないといことに気が付き、
応急処置して、点灯しました。
これで、また、点灯しなくなったら接触不良の原因である
ヘッドライトハイビーム変更レバーを交換するしか、、。


IMG_9962

カロマットは、これで2セット目。
色が気に入らないと、ご自分で塗装されましたが、やはり
気に入らないとかで、最初の白黒のマットを再度、新品
取り寄せました。

あとは、最近、クラッチペタルの踏力が重くなったので、
今回、ミッション側のレリーズシリンダーとホースを
交換してみることになりました。

つづく。





ロレックス時計のお話
公開:
IMG_9954

右は、2017年、左は今年のカタログです。
モチロン、ページ数は年々、多くなっております。

ロレックスです。
時計ファンならずとも、この名前を知ってる方は多いと、。
1905年に、ドイツ人ハンス、ウィルスドルフ氏が、
イギリス、ロンドンにて創業、、。
1914年、スイス、ビールに本社を移転。

あとは、ウィキペディアにて、、。

IMG_9948

デイトナ名称として、日本でも、絶大な人気を誇って
ます。

IMG_9949

有名な、オイスターパーペチュアルの防水機構など、。

IMG_9950

IMG_9951

サービスセンターも、日本でも早くから設置。
内部の修理はもとより、ケースやブレスレットの磨き
など、他社では、やってないサービスを実施!

IMG_9952

代表的な、金無垢など、富裕層の顧客数も多い!

年間、約80万本の総生産数のうち、日本への供給数は、
約10%と言われており、全国73店舗の正規代理店で、
現在は、どこも品薄状態が続いてます。

代理店の契約内容は秘密ですが、現在は、400本の在庫
が、義務づけられてますが、販売数がそれを上回り、
、メーカー側も、大変苦慮してるようです。
特に、最近の日本での販売に、アジア圏からの爆買いがあり、
ショーケース内に、空きが見られるのは当たり前。
人気のデイトナ、そしてサブマリーナなどは、まず、店頭
に並べば、数日内に無くなります。

少し、前まではお得意様優先で、デイトナのステンレス製
など、予約も可能でしたが、数年待つのは当たり前、、。
それが、現在では、予約も出来ない状態です。

また、修理の本数もけた違いで、その修理費用の年間売り上げ
は、50億円とも言われてます。
それが、毎年続いてる状態!

また、ロレックスは、中古市場も話題を振りまいてます。
ご存知の方もおありでしょうが、定価の倍は当たり前、
過去の中古品でも、当時の定価を下回ることは、ありません。
この景気がいずれは、終わるだろうと言われてますが、
最近の中国などからの、爆買いは異常なほどで、デイジャスト
など、スタンダードの安価なモデルも、店頭から展示すら
出来ない状態です。

ま、それほどの人気あるロレックスですが、世界中から
生産数を増して欲しい、割り当てを増やして欲しいなど、
問い合わせが殺到してますが、生産体制を増産させる
気など、無いのかというくらい、かたくなに職人気質を
守ってるようです。

また、最近は、自動巻きのシステムも、40時間から、
70時間へを、設計変更し、機種を変更してる時期でも
あるようで、旧機種から、新機種への移行も、生産数の
落ち込みに繋がってるようです。

アタシも、また、欲しいのでありますが、あと何年待てば
良いのか、、。
ちなみに、今回の116500セラミックスベゼルモデル
のデイトナは、前回購入した116520モデルを
2009年に購入、苦節、10年経った2019年に、
やっと,又手にしたのでありまする。
その間に、デザイン変更されました。



他の時計は、新品は人気があっても、中古品を購入
する方は少なく、市場価格も定価を上回ることは稀
です。
しかし、ロレックスの場合、特に現在は、中国数億人の
カスタマーが、やっきになって購入されてることも
あるのか、、、。

ということで、最近のロレックス事情を大きなお世話で
ご紹介致しました。
数値や、情報に多少の間違いがあるかと思いますが、
ツルタの戯言なので、ご容赦願いまする!

つづく。


マセラティー クワトロポルテ V6 アライメント調整
公開:
IMG_9937

マセラティ クアトロポルテ 3L V6ターボ

最近のマセラティは、丈夫になりました。
以前は、新車からお見送りの後、いきなり、エンジンストップ
など、想像出来ないくらい、よう壊れました。
アタシャ、そのイメージがあるので、イタ車は、、、、。

今回、アライメント調整と、ステアリングに異常振動があると、
オーナーさんが持ち込みました。
試乗すると、そりゃ、そう、ヒドイ!の一言、。
車高下げる為、バネのみ、交換したのか、アライメントは、
フロントのトーインは、アウト、リヤはイン、キャンバーも
前後、バラバラ、、。
速度を上げると、天井に頭があたるようにジャンプ、、。

IMG_9939

IMG_9940

バネは、どこかの社外品が組まれて、、。

IMG_9941

IMG_9942


IMG_9943

さすがに、最近のマセラティは、下回りもエエ感じに
作られてます。
結構、中古車市場でも価格のこともあり、人気は根強いとか、。

ということ、ホイールバランスも、20インチホイール&
タイヤで、バランスは10g程度ずれてました。
ホイールの変形は、目視では振れてないようで、、。

トーイン調整と、キャンバー調整は、難航してますが、何とか
します。
それより、このバネ交換の乗り心地は、多分市街地走行では、
ふわふわ、そして高速道では、100km以上出す気には
ならないので、安心!!か、、。

オーナーさんは、KWサスKITをご検討中です。

しかし、渋野日向子フィーバーは、現金なもので、今朝も
どのスポーツ新聞も1面、朝のニュース番組も、そりゃ、
まだまだ、余韻を感じる取材だらけです。

友人の関係者が言ってましたが、恐いもの知らずのノーテンキ
が、周りのプロ集団をぶっ飛ばした!と、、。
手が付けれなかったそうです!
コースも、日本的で、全てが旨くはまったそうです。
周りの日本の国内の女子プロは、喝!だそうです!

それにしても、センスに努力、周りの環境など、親御さん
、親戚、友人、知人と、出るべくして出た逸材ですか、、。

若いということは、素晴らしい!でありまする、、。

つづく。

ポルシェ996ターボ 2台入れ替え 続き
公開:
IMG_9933

996ターボです。
2台を中身、入れ替えてます。

IMG_9931

IMG_9932

2号車に1号車の部品や、ターボは、OHして、。


IMG_9934

IMG_9935

IMG_9936

ステンレス製タコ足は、新品、USA製、、。

後は、ブレーキOHしたキャリパーと、新作した
2ピースロータ&アダプターを組付けます。
ロールバーも、1号車から外して、、。

渋野


昨日は、土曜日から何故か、全英レディスオープンを
見てしまいました。

渋野日向子選手に、何故か応援して、そして、今朝AM
3;00過ぎの劇的逆転の優勝まで、、。

二十歳のスマイルシンデレラは、最後まで、ミスショットも無く、
18番のバーディーショットも、難なく、それも結構強めに
入れてました。
解説者も、しばし、絶句してました。

子供のころは、ソフトで右投げピッチャー、左打ち4番。
お父さんは、砲丸投げ、お母さんは、やり投げのスポーツ
一家、、。

まあ、記録づくめの新人であります。
ゴルフにそんなに興味の無いアタシが夜なべして、TVに
眠たいのを我慢して、翌朝のニュースで結果を見れば済む
ところを、ズーっと見入ってしまいました、、。

スゲーやつが現れました。

つづく。
トヨタ 200系ハイエース Fブレーキローター交換
公開:
IMG_9916

200系ハイエースです。

フロントブレーキローターを交換中、、。

IMG_9915

IMG_9917

IMG_9918

ローターをハブにボルトで固定してあるので、結構
面倒です!

IMG_9919

IMG_9921


向上裏に群生させてる!ミョウガです。
地物のミョウガは、この様に薄黄色の花を咲かせます。
これが、マタ、ピリっと辛いので、つまみに最高!
すぐにしおれたり、枯れるので、地物をすぐに食べる
以外、口には入りません。

IMG_9924


IMG_9925

IMG_9930

裏山の持ち主が3人おられますが、第2工場裏の
大きな木が枝が落ちたり、雷など落ちるので、今回、
弁護士さんと相談し、お手紙を送りました。
前回も何回か、送りましたが、、。

で、今回、一番右側の地主さんがお見えになり、相談の
上、同級生の方が、名古屋でシルバーの、元庭師の方々。
4人が昨日、おみえになり、かなりの枝打ちをしてください
ました。

IMG_9927

ハイビスカスですが、日中は、表に置いてあります。
その葉っぱが、最近の暑さにやられたのか、一部黄色に
変色(枯れた)したので、花やさんに相談し、木陰に
置きなおしました。
ハイビスカスといえども、鉢植えは、気を付けないと、
この暑さに、鉢が暑い!!

IMG_9928


IMG_9929


今日のアタシの仕事は、そう、草刈です。
工場内の雑草刈と、道路に面した芝生を刈ります。
これだけで、約1時間ですが、汗は、あびるほどかきます。
お昼からは、本日、早退です。
ま、今日は、アタシは休日ですが、用務員みたいなもんで、
大体、午前中は、出勤しております。

午前中に、お客様の依頼で、356のカブリオレの幌の
修理を頼まれました。
で、356の得意な、方に電話、、。
仕事を依頼したら、もう、仕事は受けない!などと、。
来年には、引退すとか、、。
で、後輩に託す!とか、、。
それで、現在、伝承中とか、、。

こうやって、御年輩の職人さんが、去られます、、。
古いポルシェの修理が、ますます難しくなります!
レストア業は、これから忙しいのに、、。

つづく。


ツルタ 先輩からいつも教えられる! 効果少ないが、。
公開:
IMG_9912


まさに、アタシのことを言われてますです!
ごもっともと、肝に銘じます!が、最近、すぐ忘れる!



IMG_9911


渡辺社長(当時のT社社長)さんが、引退されてからの
お言葉と思いますが、”明るく、楽しく、元気よく!”
先輩のお言葉を肝に銘じて!、、、。


IMG_9913

こちらは、全てアタシを戒めてるお言葉でありまする!
肝に銘じます!

肝に銘じますが、このような行動が出来る自信はありゃんせん!
でありまする!

IMG_9914

日本の名機、ゼロ戦の星形複列14気筒エンジンの
断面図です。
これを見て、ピストン、コンロッド、クランクシャフト
などの動きを想像してます。
空冷シリンダ、、シリンダーヘッドのフィンの薄さ、数の
多さ、鋳造技術の凄さ、、。
1940年当時の技術、加工術、設計人の努力、などなど、。
日本人の凄さを感じざるを得ません。

ボケ防止、もしもですが、このエンジンをOHする機会が
あったら、ボケないと思います、アタシは、、。

やっぱ、生涯現役です!


暑い日が続きます、同年代、老人と言われたくないが、
それに該当される方々、水分取って、ご自愛ください!

皆さま方、暑中、お見舞い申しげます!

つづく。

つづく。






ポルシェ997ターボ リヤスポイラー修理 3
公開:
IMG_9893


IMG_9895


IMG_9892

997ターボです。

リヤスポイラーを修理してます。
絵は、リヤスポイラーを上が下げさせる油圧シャフトから
切り離すときに、使用する特殊工具を製作しました。

これで、シャフトをクリクリ回しながら、ねじを外して、。

IMG_9900

IMG_9896



IMG_9903

リヤスポイラー裏側の油圧ユニットを組付けます。

IMG_9905

外したユニットですが、このシャフトからのオイル
漏れは、996ターボの時代から、10年くらい経過
した車両で、年間あまり乗らず、リヤスポイラーの
作動(80kmになったら、リフト、)など、しない
走行で、多くオイル漏れしてます。
そう、まめに乗ってる車両は、この症状は出てません!

この油圧KIT,リペア出来ないもんかな、、!

つづく。