icode WEB SERVICE - 鶴田の部屋

鶴田の部屋ブログ
トヨタ アリストV300 ターボチューニング 5
公開:
IMG_1149

IMG_1150

アリスト
V300は、現在ビッグインジェクターを取り付けるべく、
インジェクターホルダーを加工しようと、、
そのままでは、組み付けれない形状なので、、。

細かい作業が続きます。

先日、中日新聞で豊田佐吉さんが開発、販売した
Y式、G式(後半の)の自動織機を今でも直しながら
全国で大事に使ってる記事がありました。

100年以上前に、開発、製造販売された特許の
Y式自動織機や。G式など、型枠が鋳物で出来ており、頑丈
であったとか、、。
東北の震災で30数台の内、数台が他の壊れた織機から
部品取りして再生されたそうで、、。

織られた生地は、現代のエアーなどで左右に飛ばす横糸を
機械で飛ばすことで、凹凸ある柔らかい織物が出来るの
のだそうで、、。

凄い事であります。
アタシが昭和53年に開発、販売したSA22C 初代マツダ
RX7のターボKITなど、どこかに存在するのか、、。

諸先輩から見習う事、まだまだたくさんあるという
ことであります。

つづく。
アイコード社屋の外壁の表と裏にSECOMのTVカメラ増設
公開:
IMG_1152

アイメック時代の平成3年より、現在までアイコードは
SECOMさんに警備保障をお願いしてます。

その間、泥棒さんがお入りなったのは、十年前に1回だけ、。
ブラジル人3人組(後日、捕まりましたので)が、下見をして
(本人を見ました)、表のガラス窓をパイプレンチで、
ガシャンーと派手に割って入ろうとしましたが、サンシェード
に阻まれ、今度は、隣の大きなガラス窓(畳一枚)もお割り
になって社内に侵入、室内もガラスケースなど、
これ見よがしに破壊され、泥棒というより、嫌がらせ目的な
ような破壊工作で、SECOMさんが到着する15分間の間に、、。

警備会社(他の営業マンが)と、泥棒さんがグルになって、
SECOMさんでは、無理ではと言わんばかりに、、。
新手の営業か、、?

道路真向いのご近所さん、2建の方々はそのあまりの
音の大きさに、夜中の2時ころでも飛び起きたとか、、。
普通の泥棒さんの侵入方法とはとても、思えません、。

IMG_1152

IMG_1153

それ以降、室内をSECOMさんに警備強化の為、
支店で遠隔操作のTVと、煙幕を設置、泥棒さんの侵入時は、
かなりの時間稼ぎになると、、。
TVカメラは、こちらで4か所新設しました、、、。

しかし、今朝の中日新聞で、数年前に侵入した泥棒さんが、
また、同じ家屋に、、。
家主は、強化の為、ガラスにフィルム貼ったり、2重カギにと
対策しましたが、現金や貴金属など、また盗まれて、、。
貴重品は、自宅でなく、貸金庫でないと危ないなどと、、。

IMG_1151

そんな絶妙のタイミングで、SECMOさんが営業に、、。

外部にもTVカメラを取り付けられたらと、、。
そんでもてって、見積りしてもらい表と裏の外壁にTV
カメラを設置していただきます。

見積り内容には、お安い画素数の10mくらいが限界の
ヤツと、くっきり見えて、カラー白黒切り替えれ、デイナイトと、
夜も暗視機能が付いた高級な奴を、、。

アイコードは、お預かりした高級車両など、夜など外には
置かないようしてます。
また、ショールームや工場内にマニアしか欲しがらない物
しか、、。
現金など、殆ど置いてませんで、金庫も置物となっておりますが、。

ま、外の道路を横切る車両や、通行人も映りますので、何等か
の証拠としては、記憶に留めることが出来るようです。

愛知県、特に豊田市は全国ではトップを独走してる犯罪件数の
多い市です。
30前半で新築を建てれるくらいのお方も多く、狙われやすい
条件として、豊田市周囲900平方km(30X30kmくらい)
は、愛知県でも一番土地が広く、高速道のインターも6つ
あります。

どこからでも、直ぐに高速に乗って逃走可能な、、。

豊田警察も、窃盗、盗難、交通事故と大忙し、、。
いくら人員がいても、天手古舞状態であります、、。

自己防衛するしか、自分を守る方法は、、。
世知辛い世の中であります、、、。

名古屋では、先日、カレラGTと918を同時に盗まれた
方が、、。
しかし、フェースブックにそのことは報告したら、名古屋
市内のコインパーキングに、それらしき2台が置いて
あったと、知らせが入り、事なきをえたとか、、。

ま、こんなこともありますが、泥棒さんは、盗もうと思えば
どんなことしてでも、お盗みになるそうですから、そんな
高級な物は、持たないようにするのが対策ではないかと、。

レンタカーで、高級車両など扱ってるところもありますし、、。
腕時計や宝石などは、イミテーションで十分かと、、。

シャネルやエルメス、ビトンと何でも揃いますが、、。
本物でなきゃ、ダメなんでしょうけど、、。

アタシは、元気ですよ!
なーも、取られる心配ないので、、。

あ、あった!
オイラのハートを盗むやつが、、!

調子イイッス!
今だけ、、、!

つづく。

レクサス RCF用たこ足 排ガス試験合格しました!
公開:
IMG_0157

IMG_2506

IMG_1140

IMG_1142

レクサス RCFは、昨年より2年越しチタニウム&
ステンレス&メタル触媒でやっと、排出ガス試験を合格
しました! パチパチパチ!(自画自賛)

当初は、先にISFがオールチタニウム製のたこ足と
小さなメタル触媒で、何とか試験を通った為、RCFも、と、、。

2007年平成19年生まれのISFは、排出ガス規制が
厳しくなる前の最後の年でして、何とか、、。

RCFは、最初150セルの長さ50mmというメタル触媒で
試験を受けましたが、、。

次は、200セルの50mm、そして150セルの100mmと
昨年のラストは、200セルの100mメタルで臨んだのですが、
何とHCが基準値より0,002オーバーして、涙を、、。

今回、見つけました300セルのメタル触媒を、、。
最初からそれにすればとお思いでしょうが、、。
これには、単価を下げる苦しい条件がありまして、、。
ま、安く作ろうと努力した結果、そんなもんじゃ、、!

純正は、600セルのセラミック触媒です。
メタルでも300では無理かと思いながら、アイコードで
排ガスを簡単な検査をして、何とかいけるだろうと、、。

今回、CO,NOx、と軽くクリアしましたが、HCはやはり
基準値から0,009少なかっただけの厳しい数値でしたが、
通ったことに間違いはないわけです。
ということで、JATAの関係者も現場の測定員の方が、
全員、”良かったですね!”と労いののお言葉を、、。
涙が、ほほを濡らして、、、!などと、、。
もう、皆さんお知り合いになりましたので、、。

さあ、これから燃調を取って、いくら位パワーアップするか
楽しみです。
現在が、公認の試験をパスしていないと大見えきって
公道を走れません。

社外品となると、バルブ付きも騒音測定時は、全開で
テストを受けねばならず、メーカー純正でない限り、
余程、音量など下げないと、、。

どこかのカーメーカーさんが行ってる、スピーカーによる
室内のサウンド作りで、ドライバーに快感を与えるなど、、。

音と排気ガスの問題は、今後更に厳しくなると思います。
しかし、プリウスや電気自動車のように、静かすぎても
近づいてくる音を疑似音で出さないとか、、。

保育園の園児の声がうるさいと、近隣常民の方が反対
して、建てれなかったり、、、、。

某トヨタ自動車本社周辺でも、そんな音出してないのに、
苦情の電話が掛かってくるそうです。

ほんにこの世は世知辛い!と、数十年前に流行語に
なりましたが、、、、。

つづく。
レクサス GSF 加速騒音試験、排気ガス合格
公開:
GSFまふらー2

GSF マフラー

レクサス 
GSF用チタニウム製EXマフラー&中間パイプの
加速騒音試験、そして排出ガス試験を全て、パスしました。

JATAの承認番号でましたので、これから製作に入ります。
もうしばらくお待ちください。

つづく。
レクサス RCF チタン製たこ足 排ガス検査に再挑戦!
公開:
IMG_1124

IMG_1123

RCFは、
昨年よりチタニウム製エグゾーストマニホールド(たこ足、
または、ヘッダー)を装着して、排気ガス検査
JC08C,JC08Hを受けるべく涙ぐましい努力をやって
きましたが、ことごとく落ちました。

最終は、HCが基準値 0,080に対し、0,002オーバー
しました。
0,002がどんなもんかというと、そう、あとちょっと!!!

ということで、今回徹底的にメタル触媒部を変更、尚且つ
スパークプラグも新品を取り寄せい、交換しようとしましたら、。

IMG_1119

IMG_1121

純正品は、品番がFK20HBR−J8 ギャップ 0,8

新品        VFKBH20     ギャップ 1,2

どちらも、デンソー製イリジウムプラグですが、そう、品番が、。
で、注文したISCOさんという正規部品を扱ってるところから、
車検証で確認し、注文しました。

ISCOさんにも確認し、デンソー窓口にも、問い合わせしました。

返答は、デンソーさんからは、正規物品番は、VFKBH20です
から、それが正しい!ですと、、。

ま、これ以上問い詰めてもラチがあきませんので、今度デンソー
さんの知り合いに聞きます(調べておいてください、Tさん!)。

ギャップも違いますし、スパーク位置も少し高い新品ですが、
まあ、試験に落ちたら、デンソーさんのせいにしよっと!

多分、メタル触媒が最強の物に交換しましたので、ガッツリ
クリアすると思います、思いたいです、思わして、頼む!!!

つづく。

プリウス30 LSD組み付け 3
公開:
LSD301

LSD30 3

LSD30 2

IMG_11144

プリウス30に、OS技研製LSD,スーパーロック
タイプを組み付けてる絵です。

アタシのプリウス30は、組み付けてすでに13,5万キロを
8年間で走破しましたが、経年劣化も無く、いまだに
快調です。
そう、OS技研製スーパーロックは、ロングライフなので
あります。

T社の技術員方にCVTやアルミケースに鉄粉などが、
イタズラするんじゃなかろうかと、心配されてましたが、、。

日常、雨、高速道の横風、雪、アイスバーンなど全ての
路面で縁の下の力持ちと、十分に活躍してくれてます。

今度、CHRも入庫しますが、聞くところによるとデフリングと
デフ玉(LSDを交換する部分)が一体化(溶接)されてる
そうです。

前回、F30/31系のBMW320dと同様のコストダウン
と軽量化でしょうが、残念であります。
あの時は、デフ玉を削ってリングギヤを分離してまで
LSDを組み付けましたが、、。

4ピニオンLSD(トルセンでは少し、心もとない)は、
一度でも味わうと、お酒やヒロポン(覚せい剤)の如く、
止められませんです!

何とかして、分離してでも組み付けたいと妄想するツルタ
であります。

RCFやGSFは、その大トルクに対応する為、レクサスさんは
TVD(トヨタ ヴェクタリング デファレンシャル)なる、LSDに
変わる重たい(30kg)西洋の技術を採用されましたが、
今度のLC500などには、不採用とか、、。

皆さん、コーナリング対策には、試行錯誤されてるようです。

つづく。

ポルシェ996ターボ ECUセッティング
公開:
IMG_1102

IMG_1105

IMG_1103

IMG_1104

996ターボです。
数年前に九州の方で、ECUを現車セッティングせず、
こちらで書き込んだだけで、乗っていらした550PS
仕様車両です。

この度、陸送でアイコードに持ち込まれました。
エンジンが加速中に変な音、振動がすると、、。

で、IGコイルを調べましたら、クラックが、、。
ブースト圧が標準の0,7くらいでしたら、気が付かない
くらいミスファイアは出ませんが、今回1,2以上に
上げてますので、燃焼爆発圧力に負けて、スパーク
プラグの火が、IG7コイルのクラック部分でショートして
旨く飛ばず、失火するのです。
ま、IGコイルの経年劣化です。
国産では、あまり出ませんが、ドイツもんですから、、?

絵の後ろで、アイコードの技術院がA/Fセンサーを
マフラーにアダプター溶接しまして、そこに組み付け
セッティング始めです、、。

IMG_1108

IMG_1110

セッティング開始してから、オーナーさんが言っておられた
ブースト1,2くらいでエンジン部からハンマーでカンカン
と叩くような音がやはり出ました。

また、高速で走行すると

IMG_1111

IMG_1112

水温計は60度くらいと、それ以上上がりません。
先方の自動車屋さんでは、その症状でサーモスタット
を交換されたそうですが、、。
しばらくアイドリングしてると80度まで正常に上がり
ました。

テールパイプも黒ずんで、燃調が濃いということが、。
先程のスパークプラグも真っ黒でしたし、、。

さあ、問題が山積みに、、。

つづく。

ポルシェ997ターボ 6MT チューニング開始 4
公開:
IMG_1098

IMG_1100

IMG_1101

997ターボは、現在、ミッションを降ろしてクラッチ系を
997GT2RS用に交換してます。

OS製ツインクラッチですと、価格が安いしハイパワーにも
対応可能ですが、なんせ日常のクラッチミートが、やはり
繊細ですので、、。

絵の左側の光ってるフライホイールがシングルマスのヤツ、。
右の黒っぽい厚みのある奴が通常のツインマスタイプで
フライホイールが2枚合わせになり、間にゴムダンパーが
付いて、無造作なクラッチミートでも旨く発進してくれます。
その分、重量重いのです。

シングルマス 8kg  ツインマス  15kg

この重さは、加速度で測定するシャシーダイナモでは、
馬力測定すると、約10PSアップになるのです。

997GT2RS用は、600PSくらいは問題ないのですが、
GT3同様、クラッチペタルの踏力が重くなり、ミート時は
少し慎重さが必要です、しかし、常日頃クラッチ付き車両
(トラックなど)操作してる方には、問題ありませんし、
ターボの場合、倍力装置が付いてるので、軽いのです。

ただ、今回この車両はそのマスタ−バックに問題有り、
多分、交換しないといけないかも、、。

つづく。
レクサス ISF スーパーチャージャー搭載車販売します!
公開:
IMG_1085

IMG_1086

IMG_1088

IMG_1089

アイコードのデモカー ISF エアロ&SC車両です。
販売致します。

価格下げました。

H20,9年式  車検 H29,10 走行 88、442km
機関良好

価格 328万円 税込み 諸費用別途

つづく。
トヨタ プリウス30 LSD組み付け 3
公開:
IMG_1094

IMG_1072

IMG_1071

プリウス30は、LSDをミッションケースに組み込み
ました。

IMG_1093

で、ミッションをエンジンに組み付けてるところです。

つづく。

ポルシェ997ターボ 6MT チューニング開始 3
公開:
IMG_1068

IMG_1067

997
ターボ 6MTは、エンジンを降ろしました。

IMG_1069

指さしてる部品は、パワークラッチマスターですが、
パワステの油圧回路を併用してます。

そのパワステ回路の一部にオイル漏れがありました。
ここは、よく漏れます。
パワステマスターの中でシールが破れ、オイルが逆流
してるのです。
多分、交換になるでしょう。

つづく。
Phiten ファイテンシートに改めて驚愕!
公開:
IMG_1077

IMG_1079

愛車、
プリウス30に以前より取り付けてます、ファイテン製
シートカバー&座面の宣伝です。

先日、早朝から深夜まで、合計約18時間移動してましたが、
約650km走行して気が付きました。

全く、体に疲れを感じなかった!ことです。
もちろん、疲れすぎてハイ!になっていたかもししれませんが、。

改めて、ファイテン製シートカバー&座面の効果を宣伝します。

価格  25,000円  20,000円 税別

長距離など、体の痛みを感じません。
これが無いと、長距離を出張するとき手放せなく、車両を
かえても、直ぐに付け替えますです!

よく効くんです!
腰痛持ち方、ご検討ください!

つづく。
2008年 ポルシェスノートレーニングインフィンランドの思い出
公開:
IMG_0258

IMG_0264

2008年3月ゴロ(もう忘れました)、ポルシェクラブ
ロッポンギの小松氏と、クラブ員福島ご夫妻とアタシで
何を思ったか、フィンランド、ロバニエミ近くの
ドイツの一ポルシェディーラー主催のスノートレーニング
に参加してきた記録をもう一度、ご覧に入れます。

絵は、フィンランド市内と、スパイクが標準装備のノキアの
スノータイヤ(そお、あのノキア製です)。

IMG_0272

フィンランドの首都ヘルシンキ空港から800km
北のロバニエミ(サンタクロースの里)に、ローカル
線で、絵は、その飛行機に不凍液を撒いてるところ、。

IMG_0274

IMG_0278

IMG_0284

現地に到着すると、愛機ポルシェ997カレラが10台
くらい、待っていました。
コテージにこれから4日間滞在です。

IMG_0288

部屋には、ウェルカムの手紙とティームウエアが、、。
大きすぎて着てませんでした!
そして、絵は各部屋にサウナがありました。 アタシ専用、、!

IMG_0290

IMG_0289

夕方、皆さんご紹介です。
多分10組くらいが1台に二組やご夫婦で、、。
当時、車両は殆ど新車でした、ノーマルのカレラに
メーカーは覚えてませんが、スタッドレスタイヤで、、。

IMG_0293

IMG_0296

IMG_0297

ホテルから約20kmくらい離れた大きな湿地帯を
サーキットにしてますが、途中国道のような道路を
皆さん平気で70km以上の速度で編隊組んで、、。

現地のコテージで昼食も出ます。
車両は、絵のようにリヤタイヤはホイールハウス内に、
雪が固まり、上下動の時、ザザーとこすり、タイヤの焦げ臭い
匂いがします。

IMG_0300

IMG_0303

昼食の後のスケジュールですが、まずは直線400m
くらいをパイロンノスラロームで肩慣らし、、。

直径100mと50mの定常円でカウンタステアとアクセル
コントロールを猛練習、、。

そひて、約1周1kmくらいのサーキットを疾走します。

表面は、前日にトラックで水を撒き、アイスバーン状態、、。
20kmくらいの速度で大カウンタステアの練習、、。
997カレラは、LSDは入ってなくても綺麗にドリフト
してくれます。

IMG_0310

IMG_0316

IMG_0317

2日目も朝、8時ホテルスタートで、現地に、、。

国道を15kmくらい走りますが、対向車は100kmくらいで
ぶっ飛ばしてきます。
こちらは、直ドリしながら、、。
途中からその湿地帯まで約5kmくらいを林道を走りますが、
先行車両の白煙と、皆すでに戦闘状態でぶっ飛ばします。

IMG_0320

スクール中のショット!
慣れてきてもスタックはしょっちゅうで、そんな時はカイエンが
引っ張り出してくれます。
2,3日と後半は、皆さん、カイエンのお世話にならなくても、、。

IMG_0324

IMG_0323

この2日目は、夜飯も、現地でいただき、夜を待ちます。

IMG_0331

IMG_0340

そう、キャンドルトレーニングです。
コース脇のろうそくを頼りに、ナイトラリーならぬ、トレーニング
を、、。
ここは、湿地帯ですが、周囲10km四方もあり、プロの
ラリードライバーも練習に来ていました。

IMG_0336

絵は、真っ暗で見えませんが、頭上に白いオーロラが
見えました、初めて見ましたが、クネクネと、、、。

IMG_0343

ホテルに深夜帰って、途中でスーパーにより買ってきた
ジンを外の雪で、、。
美味しかったです!
フィンランドは、酒税が凄く高いそうです!
毎年、酔っぱらって凍死する方が多いとか、、。
マイナス15度くらいでした、夜は、、。
日中は、今回天気が良くてマイナス5度くらいか、、。

IMG_0357

お口を開けてますが、酸素が足りない、、。
室内はハンドル操作、アクセル操作でヒーター入れなくても
汗だくで、窓全開、、。

先生が横に乗ったり、運転したりしますが、自分が操作未熟
な時、必ず”ガス、ガス!”とアクセル開けなさいと、、。

IMG_0362

IMG_0368

途中、基地内のガスステーションでガス補給、、。

IMG_0368

車両は、ホイールハウス内と雪落としと、フロント
ラジエターグリルにも、雪が入り込むので、、。

IMG_0376

3日目は、スパイク付きカートで模擬レース、、。
スノーモービルで片道20kmくらいの山と川を駆け巡り、。

IMG_0378

カート置き場には、10数台の恐ろしいマシンが、、。
これは、トヨタスターレット KP61であります!

IMG_0387

IMG_0391

IMG_0396

IMG_0398

帰り道の途中で、ロバニエミのサンタクロースパークを、。

IMG_0405

IMG_0410

最後の晩餐の時、優秀者を表彰、、。
最後の模擬レースは、2台同時に走れるコースがあり、
競わせます。

兎に角、4日間あっという間で、毎日朝8時から夜遅く
まで、体力の続く限り、ステアリングとアクセル、ブレーキ、
クラッチ操作で体ガタガタでした、、。

IMG_0414

IMG_0415

IMG_0418

IMG_0427

翌日、そのロバニエミにタクシーで観光、、。

IMG_0430

サンタクロースのお手紙ということで、12月に届く手紙を
投函出来るポストも、、。

でもって、サンタクロースにも会ってきました、、。

IMG_0447

これが、認定書であります。

ポルシェAG主催の場合、このように4日間みっちりとは
練習させてくれません。

ポルシェAG主催のスノートレーニングに飽きた、猛者たちは
このような、ポルシェディーラー主催の過激な内容を
好むのであります。

まるで、ニュルブルクリンクのスクーディリア、ハンセアトみたいに
練習したいヤツのみ、集まれと、、。

PS;お暇な方は、アタシの”ツルタノブログ” 2008年
4月 スノードライビングスクール 08をご鑑賞ください。
もっと、細かく報告してます。
人間の感覚、思い出すことの如何にいい加減かを、お感じに
なると思います。
ま、9年前の出来事ですから、、!
こうやって、リハビリをしてるのでございます。
ご協力感謝!

つづく。





ポルシェ997ターボ 6MT販売致します。
公開:
IMG_1058

IMG_1060

IMG_1062

IMG_1065

H19,12 2008年モデル 997」ターボ 6MT

ディーラー車 無事故 禁煙車 左ハンドル 

車検 H31,1 取ったばっかり!

走行 52,992km

機関外観 極上  色 ソリッドの白

エンジン 52,500km付近!でOH済み。
クランクケース、シリンダーケース、シリンダーヘッド
以外殆ど新品、 バルブシート研磨、バルブガイド交換

オイルタンク新品、

大容量VGTタービン550PS仕様 スポーツマフラー、 LSD, 
ツインメタルクラッチ

価格 応談

つづく。
アリストV300 ターボチューニング4
公開:
IMG_1053

IMG_1054

アリストV300は、トラブル発生です!

カムシャフトを固定してるカムホルダーのボルト固定部
が、前回の何か作業中にこじったかで、一部割れてました。

ということで、オーナーさんに事情を説明し、アルミ溶接で
肉盛りし、修理しました。

つづく。