icode WEB SERVICE - 鶴田の部屋

鶴田の部屋ブログ
ポルシェ991GT2RS用ミッシェランPSCUP2Rタイヤ入庫!
公開:
IMG_8374


991GT2RS用ミッシェランパイロットスポーツ
CUP2”R”のタイヤが入庫しました。
そう、お客様から、ご注文頂きました。

IMG_8375

IMG_8380

左側が外側ですが、溝が右2本に比べ、浅いのがお分かりか!

IMG_8381

外側の溝深さ、約2mm!

IMG_8382

内側2本の溝深さ、約4mm!

これで、マンタイ911GT2RSは、ニュルブルクリンク
北コースを6分40秒、、。

どこまで、エスカレートするのやら、!

つづく。
ポルシェ997GT3後期 オイル漏れで入庫 4
公開:
IMG_8368


997GT3後期です。

IMG_8359

テンションプーリー&アイドラープーリー&ベルト!

IMG_8360


シングルマスフライホイールのクラッチKITに交換!

IMG_8366

左がシングルマスフライホイールです。

重量  5kg   13kg(純正ツインマス)

これだけで、馬力10PSアップ、そして、ギヤチェンジで
シフトアップ&ダウン時がスムースに、。
そして、エンジンブレーキが効きます。

IMG_8361

IMG_8362

ダンパー付きクラッチディスクです。

IMG_8363

クラッチカバーも、、。

IMG_8364

レリーズベアリングヤ、フライホイールボルト、!
これらは、ザックス製の社外品です。


IMG_8371


ミッションマウント交換。
強化インシュレーターをゴムの隙間に入れます!

IMG_8373

IMG_8336

今回ホイールのバランス取りも依頼ありました。
が、センタロックのナットがなかな外れません。

IMG_8340

で、ハンマーと木の棒で裏から、叩いて、、。

IMG_8337

IMG_8338

ゴムオーリングが、ホイールに焼き付いておりました。


IMG_8339

多分ですが、サーキットを連続走行して、ホイールが
熱くなってるまま、ピットインすると、ホイールのブレーキ
ローターの熱と、尚且つ、エンジンや排気系の熱で、、。
クーリング大事であります。

つづく。




レクサス NX300 200T ターボチューニング 10
公開:
IMG_8370


NX 200Tターボチューニングです。
現在、ECUの解析に時間を取られてます・

スピードリミッターは解除出来ました。
燃調で、ブーストリミッターカットなど、解除すると次が
現れ、現在、次々と出る難題に、格闘中、、!
まずは、5月連休ありますので、ひとまず、里帰り、、。
連休明けに、解析開始です、、。

うーん、難しい!!
ま、アタシがやってる訳じゃないんですけど、、!

つづく。
スズキ カプチーノ エンジンチューニング&ECUセッティング
公開:
IMG_8354


IMG_8369


スズキ カプチーノです。
自宅が近所で、もう35年くらいの付き合い!!

IMG_8357

本人が自分で、鍛造ピストン、ハイカム、ビッグターボを
組みました。
職業は、自動車のサスペンション関係、、!

今、1気筒死んでたので調べたら、プラグコードが死んでました!
で、新しいのに交換、、。

IMG_8356

アイコードで、ECUのサブコン、トラスト製で
セッティングです。
何と、本人は、150PS目標とか、、。
660ccで、、、。
アタシは、乗りたくないです!!!

クレージなヤツであります、御年60歳以上、。
もうすぐ定年、お子さんもいる、おっさんです、、!

お酒、たばこ、博打やらない、お金持ち(不動さんなど)で、
人生をカプチーノに掛けてます。
もう2台部品取りでお持ちです!

つづく。

ポルシェ997GT3後期 オイル漏れで入庫 3
公開:
IMG_8224


IMG_8322


997GT3後期です。
フロント側アイドラプーリや、テンションプーリー、リブド
ベルトは、交換します。
WPは、まだ、良さげです。

IMG_8276

エンジンオイル噴出の原因であるクランクのリヤ側オイル
シールですが、通常の組付けては違い、くみつけには治工具が
必要とか、、。
何とかします、で、組付けたら一晩、置いておくとか、、。

IMG_8280

IMG_8293

IMG_8285

エンジンのオーバーレブを過去に渡り、どれだけあるか
点検出来る数値です。
カーディーラーは、教えてくれませんが、絵のレンジ
が、レブリミット付近の回転域で、今回64回 520
時間、超えてるという意味とか、、。
まあ、過去の経験上では、問題無さそうです。
こうやって、エンジンオーバーレヴして壊して、ディーラーに
持ち込み、”ワシャ、レヴなど超えるような運転しとらん!”
などと、言い訳しても、これらに結果が出てくるのであります!

つづく。
ポルシェ996ターボ Tip購入前点検 3
公開:
IMG_8314


996ターボTipです。
納車前の整備してます。

IMG_8326

ステンレス製EXマニは交換しました。

IMG_8325

エンジンオイルを交換しましたら、絵では分かりにくい
ですが、水が混ざった乳白色になっており、このまま、
ぶん回していたら、、、、、。

まあ、長い間展示されていたのか、チョコチョコと水温が
上がらぬ間にエンジンを始動したり、止めたりしてると
クランクケース内に、水蒸気が発生し、それが重なり
お水がエンジンオイル内に混ざり、シェイクされるすんぽう
です。
カクテルなら美味、、。しいですが

つづく。
ポルシェ996カレラTip 車検整備で入庫 7
公開:
IMG_8310


996カレラTipです。
車検整備で入庫でしたが、、、。

IMG_8237

IMG_8311

燃料ポンプは、何故か社外品が旨く組付け出来ず、
純正品を注文し尚いました、、。
で、バッテリーも新品交換して、さあ、エンジン始動、、。

IMG_8313

IMG_8319

エア抜きをしながら、エンジンの水温を温めておったら、
何と、エンジンとATミッションの間付近から、キャラキャラ
と金属音が、、。
アイドルから少しアクセルを開けると、この異音はスーと
消えます、、。
なんじゃこりゃ!

何度、確認してもやはり、異音ハトルクコンバーター付近
から聞こえてきます、、。

IMG_8317

ATミッションは、ZF製で、これは996ターボなども
使用してる定評あるミッションですが、、。
で、オーナーさんに、電話して、入庫以前の状況を
詳しくお聞きすると、どうも、ウォータープーリーや
テンションプーリー付近の異音と思っておられたようで、
異音は、かなり前から出ていたようです。

今回、エンジン始動時は、全く異音はでてませんでしたが、
エア抜きなど、長い時間アイドルしておったら、症状が
出ましたので、その辺も何か影響してるのか、、。
まずは、コンバーターのドライブギヤ辺りのビビリ音か、
などセルモーターを外して点検します。
それ以外に、この周辺に異音が出る箇所は、見当たらない
ので、、。

IMG_8330

IMG_8331

IMG_8335

で、オルタネーター、セルモーターを外して、その穴から
トルクコンバーター外周を見ましたが、やはり旨く
点検出来ません。

IMG_8333

IMG_8334

これが、トルクコンバーターに組付けてるドライブプレート
といって、スターターでクランクを回すギヤプレートです。
どうも、これが、何らかの影響でビビっているのでは、、。

今回、オーナーさんと相談しまして、苦渋の決断の結果、
見合わせることに、、。
次回、どこかで、、。

つづく。
ポルシェ997GT3後期 オイル漏れで入庫 2
公開:
IMG_8249


997GT3のミッション側です。
多量のオイルが、、。

IMG_8276

IMG_8277

エンジン側のクランクのオイルシールです。
絵のクランク角センサー取り付けの隙間からオイルが、、。

IMG_8274

フライホイールの内側にも、オイルの流れた跡が、、。

IMG_8251

IMG_8245

IMG_8247

この細いバキュームホースが折れて、水冷のバルブを
作動させることが出来なく、水温が異常になってました。

これも、交換です。

IMG_8275

IGコイルですが、かなり前から交換されてないようで、。
スパークプラグは、まだ、新しい物でした、。

コンプレッションは、測定した結果、6気筒全て正常
値でした。

ミッションマウントは、交換します。

つづく。


ポルシェ996ターボTip購入の為点検入庫 2
公開:
IMG_8273


996ターボ Tipです。
北海道の方が、愛知県でこの車両を見つけ、購入したいと、。
で、アイコードに購入前点検をしました。
すると、いくつか問題有り、カーディーラーも、親切に
車両を販売前に、アイコードに貸し出ししてくれました。

徹底して調べた結果、商談もまとまり、整備し始めてる
所です。
IMG_8272

IMG_8265

IMG_8266

IMG_8270

ステンレス製マニは、過去に割れており、新品交換です、。

これから、各部、交換、整備していきます。

つづく。
ポルシェ 987ボクスター5MT ブレーキパット交換
公開:
IMG_8257


987ボクスター前期モデル、5MTLH車両です。

IMG_8258

IMG_8259

IMG_8260

IMG_8262

11万キロの車両で、現オーナーさんは、何と今時の
ネットで購入されたそうです。
現車は、関東から積車で運ばれるまで、一度も見てない!
まるで、通販グッズを買うかのごとく、、。
お若い方ですが、、、。

ブレーキパットが警告が点灯したとか、、。
で、社外品の物を取り寄せ、組付けました。

で、簡単な点検を行いましたら、ギヤが入りにくいと、。
調べたら、クラッチストロークで、ミートポイントが相当
上の方まできてました。
走行11万キロです、クラッチディスクが摩耗してることを
お伝えして、次の作業代を捻出してくださいと、、。

ネットで車を買う時代であります。
ま、そういうことでありまする!

つづく。
ポルシェ997GT3後期 オイル漏れで入庫!
公開:
IMG_8193


997GT3です。
オイル漏れが有り、点検してほしい!と入庫です。

IMG_8152

エンジンとミッション付近にオイル漏れ跡が、、。
で、降ろしてみないとわからん!ということで、、。

IMG_8206

クランクシャフトのオイルシールからオイル漏れが顕著に!

IMG_8209

IMG_8211

上は、インテークマニ、オイルタンクも、半分くらい
オイルガスで濡れて、、。
明らかに、エンジンオイルのガス状に発生して、周囲は
オイルで濡れて、、。

IMG_8214

クラッチは、ツインマスのフライホイールが組まれて、
カバーもかなり摩耗、ディスクも、、。

IMG_8215

通常は、GT3くらいですと、この車両のように走り屋に
改造されてる車両であれば、シングルマスに交換した
方が、ギヤシフトでかなりタイムアップが、、。

IMG_8218

IMG_8216

カバー&ディスクは、今回新品交換した方が、、。

IMG_8219

IMG_8220

ミッション側のハウジング内も、エンジンオイルまみれ、、。

IMG_8229

IMG_8230


ミッションマウントも、ゴムにクラックが、、。

IMG_8233

アイコード製強化マウントKIT、さりげなく宣伝を、、。

診断は、やはりスパークプラグを外して、コンプレッション
テスターで、圧縮漏れを点検したいです。
例のプラグホールから空気圧をかけ、インテーク、エクゾースト、
そしてピストンリングと圧縮が漏れてるようであれば、空気の
漏れる音が聞こえ、その数値も計れ、基準以上であれば、修理が
必要と、、。

今回、まだ判断は出来かねますが、ピストンのリング等摩耗
により、クランクケース内のブローバイガス圧が異常に上がり、
クランクシャフトのオイルシールから、たまらず多量の
ブローバイガスが漏れたのではと、、。

ECU点検による、過去のオーバーレヴがあれば、記録に残ってる
ので、それも確認したいものです、、。

昨日、いや、本日早朝、何故かマスターズを見ちゃいました。
タイガーウッズさん、何年振りかの勝利とか、、。
日本勢も少し活躍しましたが、、。
昨年までの常連さんも、今回は皆脱落、知らない名前ばかり、、。
その中で、43歳の老練の仲間入りのウッズさんは、奇跡の
カンバック!
イチローさんみたいな、。
並々ならぬ努力と練習されたんでしょう、、!

皆さん、300ヤードを軽々と超える飛距離、、。
それも、正確に、、。
あのグリーン上の起伏など、実際に見れたらボコボコなんで
しょうね、、。

また、モトGPも見ましたが、マルケス選手のホンダがぶっちぎって
いましたが、、、。
スズキのアレックス、リンク選手が3年ぶりの優勝!

スーパーGTは、大雨の中、クラッシュが続き、NSXが勝利、
300では、新田氏のRCFがクラス優勝、、。
地元岡山トヨタさんの応援団は、850名とか、、。

アタシは、日曜はお休みですが、昨日はお昼まで出勤してお仕事、
お昼からおうちに帰って、プシュ!
2時ころには、近く(歩いて40歩)のグランドの少年野球の
試合を30分くらい見て、そして、おうちに帰ってお昼寝、、。

夕方起きて、また、焼酎ロックで夕食(といってもたいして
おかずは食べない)。

お風呂に入って、8時前には、ご就寝、、。
でもって、朝3に前に起きて、TVを、、。
どうです、健全!?な生活を送っておりますでしょ!
多分、長生きできんと思ってます、自分は、、!

つづく。




ポルシェ996カレラ tip 車検整備で入庫 6
公開:
IMG_8187


IMG_8182


IMG_8181


IMG_8186


996カレラ前期モデルです。
燃料ポンプが、旨く組付け出来ません。
物は、社外品で注文しましたが、。
部品屋さんは、これ以外に物はない!
ということで、微妙に底の取り付け部分で、寸法が違う
のです。

ということで、純正部品を取り寄せします、、。
工期が遅れる!!!!

IMG_8238

IMG_8239

タイヤは、ピレリPZEROロッソのN指定です。
リヤ2本交換しました。

つづく。
BMW M2 ターボチューン 6
公開:
IMG_8235


BMW M2です。

ターボ組み換え完成しました。
サブコンも、付け替えました。
テスト走行しました。

ターボがまだ、硬いかんじです。
少し、慣らしが必要です。

つづく。
ポルシェ991GT2RS用ミッシェランCUP2Rタイヤ&マンタイマグホイール予約承ります。
公開:
DSC02963

DSC02961


ミッシェラン
パイロットスポーツCUP2Rタイヤのお問い合わせが多くあり、
現在、海外より取り寄せております。
価格は、ご相談ください。

マンタイ製マグネシウム鍛造ホイールは、現在8月生産分を
予約受付中です。
が、世界中から予約が殺到し、当初予定の生産数を超えようと
してますので、これは、お早めにご予約いただかないと、
今回の発注は難しいです。

CUP2Rは、現状、国内販売は、未定で、何時になるかは
全くこれも未定だそうです。
海外では、一部すでに販売してるようで、今回も、
アイコードでは、海外から輸入致します。

マンタイ製ホイールは、北米BBSモータースポーツ社に
マグホイール、レース用として同型の無印の物が
掲載されてます。
日本国内で走行する場合は、車検非対応となる為、現在
公道での走行は不可です。

IMG_8180

絵のアルミホイールのVIA登録と書いてあります。

一番上の段”自動車用軽合金ホイール試験協議会”なるものが、
国道交通省から承認を経て、国内に販売される軽合金
ホイールの一般道での使用に適合かどうか、規格を作ってる
ところで、ここの関連の次の段”一般財団法人」日本車両
件さ協議会”に依頼し、検査を行ってます。

これ以外には、JWLとJATAという会が認証すれば、車検対応
となりますが、今回のマグネシウムという材料のホイールは、
特にセンターロック式の物は、正式には認定されてません。

ポルシェのように車両一体で輸入去れた物は、それなりに
通のですが、こと、マグ単体で輸入、販売しようとすると
上記の認定がまず、受け入れられません。
マグに関する規格がないのです。
アタシ、問い合わせしましたが、、、。

ということで、日本のお役所さまのご指導が、まだ、マグホイール
には、行き届いてないということです。

つづく。



BMW M2 ターボチューン 6
公開:
IMG_8175


BMW M2です。
現在、サブコンをこのハイフローターボ用に、シュニッツアー
製から、ダイアン製に交換配線作業してます。

IMG_8178

スパークプラグも、純正から熱価の高い冷え型プラグに
交換しました。

銘柄は、ボッシュ製からチャンピオン製です。

つづく。